「平成」最後の始業式

2019年04月08日

4月1日,新しい元号「令和」が発表されました。

子供たちは,生まれて二つ目の時代をこれから生きることになります。

そして,「平成31年」を使える最後の1か月となりました。

 

春休みにじっくり「やる気」をたくわえ,

ようやく楽しみな1学期がいよいよ始まりです。

 

それぞれ一つずつ学年が上がり、お兄さんお姉さんの顔に見えました。
春は,毎年新しい気持ちで、どんな出会いがあるか、ワクワクドキドキする大事な季節。

 

新6年生は,先週,入学式の準備を先生方といっしょにがんばりました。

やる気一杯で,すばらしい働きぶりに感心しました。
きっと頼もしい最上級生になってくれることと安心しています。

 

どの学年も新しい学級になります。そこでクイズを出題しました。

次の言葉に共通するものは何でしょう?

「かざぐるま」「たんぽぽ」「わかば」「かがやき」「銀河」「創造」
六つある,というのがヒントです。

 

これは,これから手にする新しい学年の国語教科書のタイトルです。

あと1年したら,教科書も新しくなるので,今の教科書を使うのも最後になるのです。

 

「かざぐるま」のように風を受け,

「たんぽぽ」の綿毛のように,自由に自分を表現し,

「わかば」の「かがやき」のように夢は大きく,

「銀河」に届くような豊かな「創造性」をもって生活する。

 

この言葉のように,自分たちの楽しい学級・学年を作っていくために

今日はとても大事なスタートの日。

 

やさしく・かしこく・たくましい「玉江っ子」たちを,精一杯応援していきます。

 

トップへ