別れを惜しむように

2019年03月20日

昼休みの校庭は,今までになく「密集率」が高く感じます。

 

学級の仲間(全員)と一緒にいられなくなる・・・。

そんな思いが,最後の休み時間の行動につながっているのでしょう。

 

もうちょっと,仲よくしておけばよかった。

もうちょっと,仲のいい友達と長く一緒にいたかった。

もうちょっと,優しく接しておけばよかった。

もうちょっと,この学級のみんなと過ごしていたい。

 

年度末は,期待と不安と後悔が入り交じった

複雑な感情で,毎日が進んでいきます。

 

別れを惜しむように・・・。

今日も校庭からは,昼休みを待たず,朝一番から・・・。

明るい「春」の歓声が響いています。

 

 

トップへ