学校長あいさつ

夏休みの計画を立てる季節(7月) 

 

 本格的な夏に入りました。梅雨が明けたらますます気温も上がってくることでしょう。現在学校では学期末に向けまとめをしています。

 子供たちも毎日汗をかきながら,頑張っている姿をたくさん見せてくれました。中には,負けたくないという気持ちからか,歯をくいしばって頑張る姿もたくさん見られました。

 そして,7月はいよいよ夏休みが始まります。その初日を子供たちは楽しみにしていますが,保護者の皆様はいかがでしょうか。子供たちにとっては,学校を休むということでゆっくりできるという思いがあるだろうと思います。

 もちろんゆっくりするということも大事です。ただし,生活のリズムをしっかり整えて自分が計画した内容が進められるよう主体的な取組をするよい機会でもあります。この主体的な態度や課題解決などは,子供一人一人の意思と実行力にかかっているでしょう。

 まずは,決まった時間に起き,【ラジオ体操~午前中の予定(学習など)~午後の活動~夜の計画と明日の準備】という流れをつくってほしいものです。家族でも一人一人の生活のペースは違っていることもありますが,大枠が決まっていると気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。

 休日の過ごし方とも違う夏休みのふだんの生活を見直してみるのもよい勉強です。むし歯の治療もしっかりして心身ともにエネルギーを充実させてほしいものです。

 最後に,この7月は評価の時期でもあります。一学期の評価をし,学習や運動などの成果や課題をまとめていきます。子供たちの頑張りを認め,励ます月になりますよう願っております。

 

                                 学校長  髙山 謙一 

トップへ