学校長あいさつ

「元気」「考える」「鍛える」

 みなさん 新年明けましておめでとうございます。2019年の始まりです。宮川小の子どもたち,そして先生方がみんな元気に一年のスタートをきれたことをとっても嬉しく思います。
 年号では平成31年になります。ただし,平成という年号は3月までとなり,4月からは新しい年号になるようです。いろいろと変化のある一年になりそうですが,みなさんにとって幸せな一年になることを心から祈っています。

 さて,学校は今日から3学期です。3学期は,1学期,2学期と比べて非常に短い学期です。学校に登校する日は,2学期が80日あったのに比べて3学期は53(54)日しかありません。この3学期の間に今の学年で学ぶことをしっかり身に付けて,次の学年への準備をしなくてはなりません。一年間の成長のすべてが3学期に表れてくることになります。短い3学期ですが非常に大切な時期です。自分の目標をしっかりともって,やるべきことをおろそかにせず,お友だちと仲良くしながら過ごす時間にしていきましょう。

 冬休み中に,今年の目標,または3学期の目標を決めてきたと思います。それぞれの目標に向かって元気に頑張ってくれることと思います。
 校長先生は,あなたがたに頑張ってほしいことがあります。これからお話しすることをよく聞いて,そしてよく覚えて,そして行動してください。

 一つ目は,「元気」です。
 元気よく登校する,元気よくあいさつする,元気よく発表する,元気よく運動する,元気よく遊ぶなど,元気いっぱいの宮川っ子であってほしいと思います。
 そのために,「早寝・早起き・朝ご飯」を守ってほしいと思います。
 インフルエンザやむし歯の予防にもみんなで取り組みましょう。

 二つ目は,「考える」です。
 勉強の時間も友だちと遊ぶ時間も家で過ごす時間も「考えること」を大切にしてほしいと思います。自分で考える力を身に付けなければなりません。そのためには,日頃から「考える」習慣を身に付ける必要があります。なぜ?なんのために?どうすればいい?など,自分に問いかけることでよりよい生活が送れるのだと思います。
 ゲームやインターネットなどについても,正しい使い方を考える必要があります。

 三つ目は,「鍛える」ことです。
 私たちは,鍛えることで何事も上達していきます。できなかったことができるようになったり,力が強くなったりします。鍛えることで素晴らしい力を身に付けていくことができるのです。ただ,鍛えることには必ず「我慢することやきつい思いを乗り越えること」が必要となります。そんな苦しいことから簡単に逃げないでほしいと思います。頑張り過ぎることはよくありませんが,成長のためには自分自身を鍛えることが必要なのです。

「元気」「考える」「鍛える」この三つの言葉の意味を忘れずに,みんなで力を合わせて3学期を過ごしていきましょう。
 あなたの努力に期待しています。 

                 【平成30年度  第3学期始業式 校長あいさつより】


                                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ