令和元年度運動会

準備

運動会で、もっとも大事ともいえる準備が始まりました。

5,6年生が協力して運動会の会場をつくりました。

すると、最後には、テントも綺麗に立ち,トイレもピカピカになりました。

スローガンにもあるように当日は

きばれて、ひっとべて、 嵐を起こせるように最高の運動会にしたいです。

日々進歩するバナナ(6年)

前日

運動会当日が、いよいよ近づいてきました。

私たち六年生にとっては、最後の運動会です。

私は運動会前日、開会式の旗上げの速さや組体操の一人技などのタイミングを思いだして

組体操の音楽を聞いて復習しました。

その復習のおかげで、開会式の旗上げの速さも組体操もできました。
六年生最後の運動会は、悔いのない思い出に残る運動会になりました。

ツバキ(6年)

開会式

いよいよ入場。

今年の入場は熱中症等を考慮し,

簡略化しました。

開会の言葉は入学したばかりの1年生が

務めました。

国旗等掲揚
学校長あいさつ 優勝旗返還
児童代表のことば 競技上の注意
応援団長ふたりによる誓いの言葉 準備運動
運動会の歌

 開会式が始まりました。いよいよ、待ちに待った運動会です。

音楽がなり、笛の音がすると、いっせいに歩き出しました。

私たちは、一人ひとりが目標をもち、自信に満ち溢れた顔で行進をしました。

私たち六年生は、六年間の運動会で最後を締めくくるのにふさわしい、素敵な運動会を目指していました。

今年のスローガンは、「きばれ赤組 ひっとべ白組 嵐を起こせ錦江台」でした。

皆で心を一つに、最後まで、全力で取り組みたいと思いました。

チューリップ(6年)

午前の部

 

エール交換

 プログラム1番は、応援団によるエール交換でした。

白組は、赤組にエールをおくり、赤組は、白組にエールをおくりました。

応援団長のぼくは、いろいろな人にみられていたので緊張しました。

しかし、たくさんの人に見られている自分が誇らしく感じました。

小学校最後の運動会は、最高の思い出になりました。  

クレイジーじいちゃん(6年)
短距離走(3年生)
プログラム5番は、三年生の短距離
パジャマジ(6年)
短距離走(6年生)

 プログラム3番は六年生による短距離走でした。

私が運動会で一番楽しみにしていた種目です。

練習では一位だったので余裕と思っていましたが、

いざ本番になると,転んでしまわないか等いろいろ不安になりました。

心臓がバクバクしながら入場をして自分の走る順番になるのがいつもより早く感じました。

走る直前になると、気持ちは強くなり負けてられないなと思い,思いきって走りました。

結果は一位でした。心に残る短距離走になり良かったです。

ヒマワリ(6年)
短距離走(4年生)
 プログラム4番は,4年生の短距離走でした。
短距離走で5・6人が一緒に校庭を半周走り順位を競いました。
僕は、4年生の短距離走者を見て,みんな一生懸命走っているんだなと思いました。
カスタード大臣(6年)
短距離走(5年生)

 プログラム5番は、5年生による短距離走です。

5年生になりとても大きく成長し、131名1人1人すばらしい走りを見せてくれました。

来年6年生になっても、低・中学年のみんなを引っ張り,

もっとすばらしい走りをしてほしいと思いました。

ドレミ(6年)
表現「あしたに たねをまこう」(2年生)

プログラム6番は、二年生による表現「明日に種をまこう」でした。
曲は、「パプリカ」でした。

二年生は、ダンスをキレッキレに踊りかがやいていました。

二年生が踊る姿にとても元気をもらいました。

苺(6年)
かけっこ(1年生)

 プログラム7番は、一年生によるかけっこでした。
この競技は、一年生の男女に分かれ五,六人ずつトラックの半周を走り、

1位から6位までの順位をつけます。
私は、一年生のかけっこを見て、可愛いなあ、

そしてみんながんばっているなあと思いました。

理由は、転んでも泣かないで、最後まであきらめないで走っていたからです。

桃(6年)
たんとんタントン(6年生・高齢者)

プログラム8番は、6年生によるたんとんタントンです。

この種目は、地域の人や自分のおじいちゃん、おばあちゃんに自分のいすに座ってもらい

6年生が音楽のリズムにのっておじちゃん、おばあちゃんの肩もみや肩たたきなどをふるまう種目です。肩をたたく僕たちも楽しくなりました。

キャロット(6年)
学級対抗全員リレー(3年生)

プログラム9番は、三年生による学級対抗リレーです。

三年生が各クラスごとに心を繋いでバトンを渡して、ゴールへ繋ぎました。

三年生は初めてのリレーなのに、息がとてもぴったりで、

皆が心一つに頑張っているところがとてもよく伝わってきました。

バトンパスも、とても上手でした。

一位になったクラスも、惜しくも一位を逃したクラスも、よく頑張ったと思います。

タンポポ(6年)
学級対抗リレー(5年生)

 プログラム10番は、5年生のリレーでした。
5年生は、とても足が速くてびっくりしました。

その中には、他のクラスに追い越されても最後まで頑張って走ってるいる5年生もいました。

また、どのクラスもバトンパスがとても上手でした。

バトンを渡す掛け声もタイミングも、良かったと思います。
私は、5年生のリレーを見て、

5年生に負けないようにしよう、

そしてこれからも高学年として頑張ってほしいなと思いました。

ローズ(6年)
表現「錦江ソーラン!!~令和~」(4年生)

プログラム11番は、四年生のソーラン節でした。

四年生がソーラン節の曲に合わせて、とても迫力のある踊りを表現しました。

私は、ソーラン節の迫力のある踊りと力強い声が心に残りました。

踊っている四年生全員の顔が真剣で、とてもかっこよかったです。

四年生ではないみたいに上手で、

きっとこれは練習をたくさんしたからこそ出来るソーラン節だなと思いました。

スヌーピ-(6年)
学級対抗リレー(6年生)

 プログラム12番は、6年生による学級対抗リレーでした。

6年生は、最後の運動会だったので各クラス1位を目指していました。

僕のクラスは、練習の時から2位や3位だったので,

本番では、1位になろうと思ってがんばりました。

いよいよスタートしました。

みんなが一生懸命になって走っていましたが、結果は、残念ながら3位でした。

でも,みんなが頑張って走り,タイムが6秒も縮まったので良かったと思います。

とても最高のリレーでした。

チョコ鳥(6年)
児童会種目「力を合わせて」(全校児童)

プログラム13番は、児童会種目「力を合わせて」(大玉転がし)をやりました。

この競技は、大玉を1年生から3年生が男子と女子を大玉を転がし,4年生から6年生が大玉を頭の上で運び,それからまた戻り,最後に団長が大玉を転がし,先にゴールに着いたほうが勝ちになります。

私は、赤組がこの種目で2連勝出来たのは、種目名にもあるように、みんなと力を合わせて競技をすることができたからだと思いました。

ミカン(6年)
全校表現「錦江台ダンス」(全校児童)

プログラム14番は、錦江台ダンスでした。
錦江台ダンスは、校歌に合わせて、全校児童で踊ります。
この錦江台ダンスは、伝統的な種目です。

私達6年生は、1年生の頃からずっと踊ってきたので、思い入れがあります。
踊りながら,「これで踊るのも最後なんだ」と思うと、ちょっと寂しくなりました。
でも、楽しく踊れたので、良かったなと思いました。
これからも、伝統ある錦江台ダンスを踊ってほしいと思います。

バラ(6年)

昼食時間

 午前の種目が終わり、いよいよ昼食です。

お母さんが作ってくれたお弁当を、「いただきます」と言い、食べました。

お弁当には、唐揚げやおにぎりなどが入っていて、凄く美味しかったです。
愛情のこもったお弁当を食べ力をつけた僕は、午後の種目も頑張りたいと思いました。

ケンタッキー(6年)

役員

 運動会で大事な役割をする役員は、高学年の5・6年生がしました。
私は、監察の係でした。

6年生なので5年生を引っ張っていけるようにしたいと思って頑張りました。

あまり目立たない感じだったけど、校長先生に、「頑張ってください」と言われて、

先生たちは見ていると思い、やる気が出ました。

役員の仕事も楽しく感じられました。

未来(6年)

午後の部

マーチング(金管バンド)

錦江台小学校 金管バンドによる,マーチング。

午後の部最初の種目でもあるこのマーチングは,

毎年行われている「基本動作コンクール」で披露するものです。

演奏はしない,動作だけのマーチングです。
演奏は無くても,全ての動作がそろっていて,とても感動しました。

最終回の人(6年)
応援合戦「激突!」(全校児童)

プログラム16番「応援合戦 激突」では、両チームの応援団とそのチームの学年の人達で力を合わせて応援合戦をしました。

両チームの「相手に絶対に負けない」という気持ちがとても伝わり、

これ以上、大きな声を出せない、頑張れないというほど、

本気でそれぞれ3分間の応援合戦を行っていました。

応援合戦を行うことで、仲間同士の友情が、よりいっそう深まるなと思いました。

ミク(6年)
かけっこ(2年生)

 プログラム17番は、2年生によるかけっこでした。

1年生のころは、まだ幼かったですが2年生になり大きく成長していました。

2年生99名全員が1人1人とても素晴らしく、かっこいい走りをしました。

けがもなくとてもいいかけっこだったと思います。

ビンゴ5(6年)
学年種目「親子で仲よく」(1年親子)

 プログラム18番は一年生による親子玉入れでした。

1年生は玉入れが初めてだったけれどすごく上手でした。

順位は1位は3組、2位は2組、3位は1組、4位は4組でした。

僕の友達の1年生は,またしたいなあといってました。

シャーク(6年)
学級対抗全員リレー(4年生)

 プログラム19番は、4年生の学級対抗リレーでした。

この競技は、各クラスが一つになり、男女関係なくみんなで走りました。

最後は、アンカーの人が、カラフルなタスキを着て走りました。

私は、4年生の学級対抗リレーを見て,一生懸命頑張りながら走って、

とても良く頑張っているなと思いました。

スミレ(6年)
学年種目「台風の目」(3年生)
KI(6年)
組体操「令和への船出」(5・6年生)

プログラム21番は、5・6年生による組体操です。

この組体操は、5・6年生261名が、今年が平成から令和へと元号が変わるという大事な年であることを表現しました。
この中で,ぼくは,人間起こしという技をしました。人間おこしとは,一人を上にかつぎ,8人が1人を上に投げて上の人が立つというとても難しい技です。僕は,立つ側でしたが,最初は少し怖かったけど,仲間を信じて立ったり,倒れたりすることが出来ました。

HIB(6年)

 プログラム21番は、5・6年生による組体操です。

この組体操は、平成から令和へと元号が変わる大事な年であるというのを表現し、

261人の5・6年生でかっこよく表現しました。

私は、「今まで色々あったけれど支えてくれてありがとう。」

という気持ちを、見てくれていた家族に全力で表現しようと努め,

伝えられたと思うので精一杯やって良かったなと思いました。

クローバー(6年)
紅白対抗リレー(1~6年生紅白選手)

プログラム22番は紅白リレーでした。

紅白リレーは学年で足の速い人が集まって、

一年生から六年生まで全員でバトンをつなげるリレーです。

私は今年も紅白リレーに出ました。

一年生は小学校に入って少ししかたっていないのにバトンパスも走り方もとても上手でした。二年生から五年生は去年よりもバトンパスが上手になっていてすごいなあと思いました。

私たち六年生は下級生よりも上手にバトンパスをすることを目標にがんばりました。

いろんな人に応援してもらって、気持ち良く走れました。

結果は練習の時よりも遅くなってしまいましたが、心に残るリレーになりました。

ふとん(6年)

 プログラム22番紅白対抗リレーでした。

紅白対抗リレーは、各学年の足が速い人たちが集まって走る競技です。

赤も白も白熱した走りでとてもいい戦いでした。

僕が走る前の人がバトンをもらった時、ぼくは、とても緊張して不安でした。

でも次の人にきちんとバトンを渡すことができたのでよかったなと思いました。

女子は赤が勝ったけど男子は白が勝勝ったのでとても悔しかったです。           

龍(6年)

閉会式

整理運動は「らららの呪文」でストレッチ 成績発表
今年も白組の優勝。これで6連覇!? 閉会式の進行は6年生が行いました。
参加賞授与 校長先生のあいさつ
校歌斉唱 国旗等降納
PTA会長による万歳三唱 6年生児童による閉会宣言

 閉会式がはじまりました。

ついに、最後の運動会が終わろうとしています。

音楽が鳴り始め、笛の合図で入場しました。

そしていよいよ結果発表。

僕たち赤組は優勝できませんでした。

でもスローガンにもある通り「きばれ赤組 かがやけ白組 嵐をおこせ錦江台」

という目標は、できたと思いました。

クッキーまん(6年)

片付け

 ぼくは、運動会が終わった後の片付けは種目の一部だと思って頑張りました。

そのわけは、六年生最後の運動会だったからです。

六年生としての自覚は、片付けの時までしっかり持ちました。
テントの足を紐づけしたり、テントを一輪車に乗せたりするなど率先してやりました。

全ての片付けも含め,全ての種目がうまくいったのでよかったです。

弾道ミサイル(6年)

運動会を振りかえって

 とうとう運動会が終わりました。

一年生から五年生までの演技は、かわいらしく、素晴らしいものばかりでした。

わたしは、組体操を特にがんばりました。

もちろん他の競技も精一杯頑張りました。

小学校最後の運動会は最高の運動会になりました。

たんぽぽ(6年)
トップへ