学校長あいさつ

 30年続いた平成も4月31日で終わり,5月1日からは新元号「令和」となります。この「令和」には,「人々が美しく心を寄せ合う中で,文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。この思いの通り世界中の人々が心を一つにして,豊かで平和な「令和」の時代を築いてくれることを願いたいと思います。
 さて,城南小は,4月8日に新入生45名を新しく迎え,児童総数255名で,この記念すべき令和の始まりの年,そして創立90周年の節目の年を順調にスタートすることができました。入学式に際しましては,保護者を始め多くの地域の皆様に,45名の新入生の門出を祝っていただきました。 心から御礼を申し上げます。
 学校経営の方針としましては,本年度も,校訓「元気よく なかよく 考える」のもと,学校教育目標を「豊かな心と学ぶ意欲があり,たくましく生きる力をもった子どもの育成」と設定し知・徳・体の調和のとれた教育を推進してまいります。また,キャッチフレーズを「あこうの樹の下『あいさつ 読書 汗』みんなががんばる城南っ子」とし,あいさつや読書,体力つくりに重点的に取り組んでいきます。
 このことを通して,「思いやりの気持ちを持ち,助け合う子ども」「気力体力が充実し,最後までやり抜く子ども」「よく考え,進んで学習する子ども」を育てていきたいと考えております。しかし,地域や保護者の皆様のご理解とご支援がなければ,このような教育を推進していくことは容易ではありません。今年度も,地域の力お借りしながら,地域とともにある学校を目指していきたいと考えております。今年度も,城南小学校へのご支援をよろしくお願いいたします。 

                                  学校長 熊野 賢一

 

トップへ